当館のご案内展示会のご案内所蔵品実技講座講演会図録頒布ご利用・交通のご案内リンク集
  所蔵品
 

上原仏教美術館では、主に明治から昭和期にかけて作られた木彫りの仏像を展示しています。仏像のほとんどは桧の一木造で、館内には常時百数十体の仏像が並んでいます。仏教で説かれる仏の数は非常にたくさんありますが、当館には代表的な仏像はほぼ揃っており、仏教の世界を仏像という具体的な姿で見る事ができます。
この他の所蔵品には平安時代の十一面観音菩薩立像、絵画では村上華岳『観世音菩薩』や平山郁夫『雲崗石佛』などがあります。

ギャラリー