当館のご案内展示会のご案内所蔵品実技講座講演会図録頒布ご利用・交通のご案内リンク集
  年間展示のご案内
 
平成28年度展示予定
        
日程 開催展
3/15〜7/19 企画展「かたちの美」 会場:上原近代美術館 ※終了
5/28〜5/31 写経・仏像彫刻教室作品展 会場:下田市民文化会館 ※終了


  平成27年(2015)10月1日より展示室改修工事のため平成29年度(2017)
  まで長期休館。詳細はこちら

常設展示

近現代に造られた一木造の仏像群、130体あまりを収蔵しています。 
仏教美術館は現在、リニューアル工事中のため、長期休館をしております。

※なお松崎町吉田区所蔵の吉田寺阿弥陀三尊像、毘沙門天立像(いずれも静岡県指定文化財)は現在公開しておりません。次回の公開は2018年度を予定しております。



企画展「江戸・明治期の神仏画」




             

上原近代美術館特別企画 
「かたちの美」
※終了しました
会期:3月16日(水)〜7月19日(水)※会期中無休
   前期:3/16〜5/20 後期:5/21〜7/19
会場:上原近代美術館
※会期中、一部作品に展示替えがございます。
展示作品リスト(PDF)
※館内の写真撮影は出来ません。
※5/18(水)は国際博物館の日を記念して入館無料となります!


隣接の上原近代美術館にて、”かたち”にスポットを当てた企画展が開催されます。絵の中のかたち、文字のかたち、仏のかたち。さまざまな”もの”が持つ”かたち”から、それぞれの隠れた美しさを探っていきます。
当館所蔵の阿弥陀如来立像や、古写経切なども公開されます。ぜひご覧ください。

今回のみどころ:西洋の美、東洋の美。今回は古今東西の美術品からあらわれる”美”の比較をお楽しみ下さい!ヘンリー・ムア「母と子:脚を組まない」(上原近代美術館蔵)と「十一面観音菩薩立像」(当館蔵)は、作られた時代、素材など異なりますが、同じジャンルの彫刻作品としてこの2作品を見た時、彫刻作品としての質感、作品が持つボリューム感など、それぞれの作品のもつ”かたち”の力が、より際立って見えてきます。また同じ慈愛をこめた姿の違いにも注目してみてください。
ジョルジュ・ルオー「キリスト」(上原近代美術館蔵)の額の裏側と「中尊寺経」(当館蔵)の巻子にも注目です!展示されている時には見ることがない額の裏側。「キリスト」には額の裏に十字架が描かれています。また「中尊寺経」は、巻物を開いた状態で展示することが多いのですが、今回は完全に巻いた状態で展示しています。”かたち”そのものの面白さをお楽しみ下さい。


◆企画展関連イベント◆ 終了しました。多数のご参加ありがとうございました!
担当学芸員によるミニ講座を開催します。企画展をより深く楽しめます。
「仏教のかたち、近代のかたち」 2016年5月15日(日)14:00〜15:30
担当:田島整(当館主任学芸員)/土森智典(上原近代美術館主任学芸員)
場所:下田市民文化会館 小ホール(下田市4丁目1-2)
受付:当日13:30から開始。 定員:120名 ※聴講無料

両館の主任学芸員が20分ずつ、仏教美術、近代美術それぞれについてお話をします。後半は両学芸員の対談となります。普段はないコラボレーション企画!ぜひご来場ください。


■展示情報■
当館所蔵の十一面観音立像(平安時代/重要美術品)が引き続き、隣接の上原近代美術館にて展示されます。
展示期間:2016年7月22日(金)〜11月27日(日)
場   所:上原近代美術館 第3展示室



           
3教室作品展

※終了しました
■写経・仏像彫刻教室作品展  ・・・ 会場:下田市民文化会館2F 大会議室
会期:5月28日(土)〜5月31日(火) 4日間 ※会期中無休、入場無料
時間:9:00〜16:30 ※ただし5/28は14:00〜16:30、5/31は14:00まで
作品点数:61点(写経22点/仏像彫刻39点)

当館で開催している写経教室・仏像彫刻教室の受講生作品展です。
今年度は当館が現在、リニューアル工事のため、全面休館という事で、毎年1回開催していた作品展が当地では行えません。そこで初めて美術館を飛び出して、外の会場での展示となります。また当館で開催する実技講座から写経教室・仏像彫刻教室の初の合同展示となります。写経教室受講生が出品する般若心経作品や、仏像彫刻教室受講生が作り上げたさまざまな仏像を展示します。受講生の力作をご覧ください。